スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

私の趣味は日本の国技である大相撲の力士名鑑を読むことです

私の祖母は若い頃から日本の国技、大相撲のファンだったのだそうです。
その影響なのか同じ血筋だからなのか、私もいつの間にか大相撲ファンになっていました。
そして今一番気に入っている愛読書が、実は明治時代からの歴代の幕内全力士が載っている名鑑なのです。
けっして安くはない本なのですが、手に入れてから何度も何度も読み返しているので結構もとは取れたのではないかと思っています。
スポーツ選手の追っかけギャルは時代の流行りなどによって変わるものですし珍しくもないでしょうが、愛読書が大相撲力士名鑑だと断言する女性は案外珍しいのかもしれません。
同世代の人たちに話すと、最初はそれはどんなものかという反応がもどってきます。
それから理解のある人も中にはいますけれど、少し引かれたりすることも多いです。
でも100年以上の長い歴史と、今までに活躍してきたたくさんの力士のプロフィールなどが網羅されている保存版ですから私にとっては垂涎ものです。
以前は大相撲力士名鑑でも毎年出ているものを買っていたのですが、それだとその短い期間に活躍した力士しか載っていません。
それは今後も買い続けると思いますが、八百人以上が載っている名鑑は宝物の一冊です。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

1